PDRについて プライベートデータラック(PDR)

「GFI電子割符®」技術を使い、簡単操作と高度なセキュリティを実現

情報セキュリティソフト プライベートデータラック(PDR)

 
 
 
  [2006.07.14]
  総務省実証実験のシステムを出展した『自治体総合フェア2006』 会場の写真を掲載
   
  [2006.07.03]
  ヤノ電器様「割り符RAID」をスタジオ写真フェアに出展
   
  [2006.06.21]
  第3回情報セキュリティEXPOにGFI電子割符を使ったソリューションが3社から出展されました
   
  [2006.06.15]
  日立製作所様が「メール割符 for Exchange Server」販売開始
   
  [2006.06.02]
  トッパン・エヌエスダブリュ様が割符 de ガード販売開始




 

『プライベートデータラック™』とは?

[プライベートデータラック™の特徴]

プライベートデータラック™(以下「PDR」と表記)は、個人情報や大切な機密情報ファイルを2分割し、二つが揃わないと復元できない仕組みのソリュー ションです。PCとの分割先はUSBメモリや可搬記録媒体(MO等)に対応、それぞれ片側だけでは解読できないデータとして保管される仕組みです。 PDR は「GFI電子割符®」技術を使い、簡単操作と高度なセキュリティを実現しています。「GFI電子割符®」技術は、情報を分散して管理する秘密分散の手法を用いて、秘密分散モジュールとして商用化したものです。

主な機能

Windowsシステムに拡張子とアプリケーションの関連付けがなされているファイルを分割、複合することができます。(フォルダは不可) 分割はメインフォルダとサブフォルダ、あるいはUSBメモリ等の可搬記録媒体のいずれかに2分割します。

 

『プライベートデータラック™』の優れた操作性

•ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、簡単にデータを分散管理

双方で本プログラムを使用することにより、電子メールに添付するファイルを分割して送ることができ、重要データも安全に送れます。

 

 

『プライベートデータラック™』の応用事例

カラー イメージ スキャナ『ScanSnap※』とPDRとの連携


ScanSnapで読み込んだデータを即座に2分割!セキュリティ強化!!

コンパクト両面カラースキャナー「ScanSnap」(株式会社PFU製)連携による、すばやく安全な紙媒体の電子化をすることができます。 原稿読み込みと同時に割符化してファイルを保存します。 「ScanSnap」に関する詳細はこちらをご参照ください。

 

推奨動作環境

対応パソコン Intel Pentium III 450MHz以上
Intel Celeron 400MHz以上のCPU(互換CPUを含む)を搭載したIBM PC/AT互換機
対応OS Microsoft(R) Windows(R) 2000 日本語版  
Microsoft (R) Windows(R) XP Professional 日本語版  
Microsoft(R) Windows(R) XP Home Edition 日本語版
メモリ 256MB以上
ディスプレイ High Color(16bit)以上
デスクトップ領域800×600以上推奨
ハードディスク 30MB以上の空き容量
データの分割/復元には分割/復元するファイルの2.5倍以上、最低1MB以上の空き容量
必要なソフトウエア インターネットブラウザ、メールソフト
ドライブ CD-ROMドライブ(※インストールの際に必要)
インタフェース USB端子※USBハブおよび延長ケーブルで接続したデバイスは推奨しません
その他 • 推奨環境すべてのパソコンについて動作を保証するものではありません
•NEC PC-98シリーズとその互換機には対応していません
•OSのアップグレード環境での動作は保証しません
•64ビットOS搭載のパソコンには対応していません
 
       
       
         
      CONTENTS
・トップページ ・電子割符とは ・利用事例 ・PDRの使い方 ・サポート ・会社概要
・お支払方法や送料について ・特定商取引に基づく表示 ・個人情報の取り扱いについて